ご利用について

定期的なクラシックの演奏活動をしているアーティストがご利用できます。 Concert Portのエントリー画面に基本情報を登録することで様々な機能が 利用できます。

録音データの登録・販売の仕方会員登録して申し込み

  1. 管理画面から録音した曲のタイトルなどの基本情報を登録し、
    録音データ(FLACもしくはWAV)をConcert Portにデータ送信します。
    録音の状態が著しく悪い場合や、客席での録音と思われるようなものについては、
    登録をお受けできない場合があります。
  2. 管理画面で録音ファイルの登録手数料を支払います。
    データの編集・登録には1週間程度かかります。完了後、お知らせメールが届きます。
    支払いはデータの受け取り時です。

    支払方法は「クレジット決済」および「売り上げから支払う」の2通りです。
    録音データの編集終了メールを受け取ってから10日以内に、決済手続きをしてください。
    10日以内に決済が行われないと、新規の録音データをアップする際、未決済分の
    決済を済ます必要があります。その際は、クレジット決済のみでしか行えません。

    登録費を「売り上げから支払う」方法について

    この方法で決済が可能なのは合計5つの録音データまでです。
    5データのうちどれかの支払いが完了しないと新たにこの支払い方法を選択することは
    できません。その場合はクレジットカードで決済をお願いします。
    なお、会員退会時にお支払いが完了していない場合は、未支払い分について決済を
    していただく必要があります。

  3. 理画面で販売価格の設定をし、販売を開始します。
    販売価格は収録時間に応じます。売り上げにかかるシステム使用料は20%です。
  4. 売り上げの引き落としは管理画面で行います。PayPalの振込手数料が発生します。
    音質等の仕上がりについての修正をご要望の場合は別途費用が掛かる場合があります。

CP-Share 機能とは

複数の演奏者が参加した録音の場合、Concert Portにアカウントを持っているその演奏者が
録音データの著作権者(登録者)に販売の権利をシェアすることが可能です。*1
その参加アーティストのページから該当の録音データが売れた場合、その売り上げの
何パーセントかを受けることが可能です。*2

*1 申請は管理画面から行います。事前にアーティストページを公開しておく必要があります。
*2 シェア率は録音データの著作権者が10%~100%の範囲で設定できます。

Donation(寄付)機能について

演奏活動をする上で必要な資金を”Donation”により調達することができます。
以下の点について注意の上ご利用下さい。

  1. 寄付に対する特典を明記し、遵守して下さい。
  2. 寄付人に関連する個人情報にお取り扱いは管理者にて厳密に行ってください。

 

■免責

  • 著作権の侵害をしている録音データと判明したものについては、Concert Portの判断で、
    販売表示を取り消すことがあります。
  • 上記事由に関連し、アーティストアカウントの停止をする場合があります。
  • 録音に帰属する諸権利の管理は録音データの著作権保持者に帰属します。
    著作権の発生する楽曲の権利問題は登録者が責任を持って行ってください。
    録音データに関する個別の問い合わせはConcert Portではお受けできません。